鼻中隔延長

施術説明

鼻先を整える為にどの術式が適しているかはその方の鼻の状態に大きく左右されます。
団子鼻解消や鼻先をすっきりさせる効果を得る為に必要な主な術式にはいつくかパターンがあります。
① 鼻尖形成術のみ
② 鼻尖形成術+軟骨移植
③ 鼻尖形成術+軟骨移植+鼻中隔延長
① 鼻尖形成術の単独手術

① 鼻尖形成術のみ
元々の鼻翼軟骨を加工する手術です。
皮膚が薄く軟骨がしっかりしている鼻はこの手術だけで十分な鼻尖縮小の効果が得られます。
逆に皮膚が厚かったり軟骨が柔らかい方はいくら中の軟骨を加工しても厚い皮がかぶさってくるので軟骨を加工した効果が現れにくいです。また、鼻尖形成術では高さを出す事はできません。
では鼻尖形成術単独の手術はどんな方に向いているかというと、鼻の皮が薄く軟骨がしっかりしている西洋人のような鼻に向いており、ゴツゴツとした鼻をスッキリさせる為の手術です。

日本人の団子鼻というのはほとんどの場合鼻の皮が厚くボテっとした鼻です。この場合は中の軟骨の構造を強化して、厚い皮が上から乗っても変化が出るような手術をしなくてはいけません。

② 鼻尖形成+軟骨移植
元々の鼻の構造の上に軟骨を移植する手術です。鼻尖形成では出来なかった高さを出す事が可能になります。
鼻先にシャープな形の軟骨を移植する事により鼻の先端がはっきりわかるようになりスッキリとした鼻先になります。
ただし、軟骨を乗せる鼻翼軟骨は多くのアジア人の場合は柔らかい軟骨であり、軟骨を乗せすぎると沈んでしまい逆に鼻先が太く見えます。その為、この手術で結果を得る為にはある程度鼻翼軟骨がしっかりしている事が前提となり、大きな変化を出す事はできません。
鼻翼軟骨がしっかりしていて、上に乗ってくる皮膚が薄い場合は軟骨を乗せても沈まず変化が出ます。
軟骨が沈まないように鼻柱という左右の鼻翼軟骨の間に軟骨を移植して構造を強化する事もできますが、あまり大きな軟骨を移植すると鼻が曲がったりするので安全な範囲で高さを調節する必要があります。

鼻先を軽く押した時にペチャっとつぶれる方は軟骨が弱く、逆に押しても潰れない鼻であれば軟骨が強く、軟骨移植により変化が望めます。
アジア人のほとんどは欧米人と比べこの軟骨の構造が弱い為はなが低く団子鼻である方が多いです。そのアジア人の鼻の弱点を解消する手術が鼻中隔延長となります。

③ 鼻尖形成+軟骨移植+鼻中隔延長
鼻中隔延長とは鼻の土台となる鼻中隔軟骨に軟骨を移植して、軟骨を鼻先に乗せても沈まないような鼻にする手術です。
また高さを出すだけでなく、鼻先の向きを下向きや上向きに変える事も可能です。
鼻の土台を作る事により長期的に見ても鼻先が沈まない様にする事ができます。
アジア人は鼻中隔軟骨が発達していなく、軟骨移植だけでは満足な結果が得られない事が多く、鼻中隔延長を必要とする事が多いです。鼻先を軽く押してみて鼻先がペチャっと沈むような鼻は鼻中隔延長が必要になります。

鼻手術を家の建築に例えるなら鼻中隔延長をしない鼻手術は土の土台に木造の家を建てるようなものです。土台が強いなら一階建て、二階建ての家は建ちますが、高くしすぎると土台が沈み家が傾いてしまいます。
鼻中隔延長をする鼻整形はコンクリート舗装された土台に鉄骨の家を建てるようなものです。土台から工事するので無理なく高さを出す事ができます。

これだけ言うと鼻中隔延長は必須のように感じますが、鼻中隔延長をすると言う事は手術の操作範囲が広くなり、軟骨移植と比較するとやや術後の合併症のリスクが高くなるので、鼻中隔延長をしなくても十分な結果が得られる方は必要ありません。
ただ、土台が弱い鼻に大きな変化を軟骨移植だけで挑戦して鼻先が沈むリスクを考えると、土台が弱い方や向きを変えたい方、大きい変化を望む方は鼻中隔延長をお勧めしております。

軟骨移植、鼻中隔延長の最も大きなリスク

鼻整形のリスクは鼻先が固くなる、微秒な形態の変化、術後の後戻りなどいくつかありますが、大きなリスクとしては感染が挙げられます。
頻度は全体の0.5%と稀ではありますが、感染を起こすと移植した軟骨を除去しなくてはいけなくなる時があり、感染後の皮膚の拘縮により鼻がやや低く短くなる可能性がございます。
軟骨を除去しても元に戻るだけの方もいますが、もし低くなってしまった場合、患者様にとっては重篤な変化であり、精神的な負担がかかります。このような場合は術後6ヶ月〜12ヶ月後に再手術での修正が必要になります。
当院では患者様の過失なく、万が一術後感染が起きた場合の手術は全て保証で行なっております。

価格について

4月1日より価格が一部変更となります。新価格は4月1日にinstagramに掲載いたしますのでご参照ください。

  • 鼻中隔延長
    両耳、鼻中隔軟骨くり抜き、保存軟骨
    キャンペーン価格/390,000
    (税込429,000円)
    部分モニターキャンペーン価格/299,800
    (税込329,780円)
  • 鼻中隔延長 肋軟骨
    キャンペーン価格/490,000
    (税込539,000円)
    部分モニターキャンペーン価格/399,800
    (税込439,780円)
  • 切らない鼻中隔延長
    キャンペーン価格/4本 60,000
    (税込66,000円)
    8本 120,000
    (税込132,000円)
    部分モニターキャンペーン価格/4本 50,000
    (税込55,000円)
    8本 100,000
    (税込110,000円)